string(0) "" TOP
17Mar
2016生徒の活動

3年 選択授業数学C〈暗号入門〉出張授業 報告

Topics3年 選択授業数学C〈暗号入門〉出張授業 報告

2月24日(水)選択授業「暗号入門」では、学外より先生をお招きして授業をしていただきました。

数学科の選択科目「暗号入門」は今年で12年目になります。これまで暗号史に沿って古代から現代までの暗号とその数学的な仕組を紹介してきましたが、この数年は最先端の暗号研究までを授業で扱いたいと模索しておりました。
昨年、国立情報学研究所で行われました量子コンピュータの公開講座に参加させていただいた際に広報課の方から出張授業をご紹介いただき、今回念願かなって実現することができました。
内閣府 革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)には16のプログラムがありますが、その1つである山本プログラムマネージャー率いる「量子人工脳を量子ネットワークでつなぐ高度知識社会基盤の実現」プログラムより、プログラムメンバ-のお一人である学習院大学理学部物理学科の平野琢也教授に「量子コンピュータ・量子暗号」についてお話いただきました。
量子という言葉も初めて聞く生徒が多い中、実験や映像資料を交えてのお話に授業終了後には個別に質問する生徒も出るなど、良い時間を持つことができました。

国立情報学研究所・科学技術振興機構の皆様のご協力に感謝しております。
ありがとうございました。

来年度も暗号入門の授業を開講することになりました。13年目を迎え、更に数学・暗号の魅力を伝えることができればと願っています。
数学科 横山道行