string(0) "" TOP
09Dec
2019新校舎建築

定礎式・落成式 報告

12月7日(土)、定礎式と落成式を無事執り行うことができました。

定礎式とは建物の安泰を祈り、建設工事の開始を記念して礎石を置く建築儀式です。
建物の玄関付近でよく目にする「定礎」という石はこの定礎式のときに設置された石です。
現代では工事終了後に行う場合も多く、中等部でも落成式の直前に行いました。

この礎石の内側にはその工事の年にゆかりのある物やその建物にゆかりの物を封印するのですが、
中等部では今年の新聞や青学由来のグッズを入れて設置しました。


定礎式の後には落成式が執り行われました。

学院関係者をはじめ、設計関係者、中等部OBOGの方々や現役の生徒など多くの方にご出席いただきました。

式後は校舎見学や茶話会の時間をもつことができ、多くの方々に新校舎を知っていただくことができました。


ついに中等部の全工事の行程が終了しました。
是非新しい中等部にいらっしゃってください。

受付の様子

茶話会の様子

礎石の中身~中等部年間成句~

礎石の中身~今年の新聞~

礎石の中身~青学グッズ~

礎石の設置前

礎石の設置後