TOP

新校舎情報NEW SCHOOL BUILDING

CONCEPT「教科センター方式」の採用

各教科が専用のゾーンを持ち、専用の教室、教科の発表や作業のためのメディアスペース、教科の先生の研究室をそれぞれ隣接させることにより、従来型の教室に比べ、より充実した教科教育が可能になります。

360 DEGREE CAMERA360 DEGREE CAMERA

FEATURES「教科センター方式」の特徴

待つ姿勢から【向かう】姿勢への転換
FEATURE 01

待つ姿勢から【向かう】姿勢への転換

HRで先生を待つ授業から、専用教室に【向かう】授業へ転換し、積極的・自主的に学ぶ姿勢が育成されます。

環境の整備
FEATURE 02

環境の整備

専用教室では、教科の特徴を備えた教育機器、家具を整備、教育効果の向上が期待されます。また、それぞれの授業においてこれまで不可能であった大掛かりな準備、演出等の工夫が可能となります。

展示物の充実
FEATURE 03

展示物の充実

専用教室、メディアスペースでは、教材・教具、作品、レポートなどを常時展示することができるので、より興味を深めた学習が期待できます。

メディアスペースの活用
FEATURE 04

メディアスペースの活用

メディアスペースには、展示物、書籍、グループ学習用のテーブル、発表用のボードなどが整備されます。隣接する教室の扉を開放することにより、教室+メディアスペースという空間で学習することができます。

多くの出会いを生む校舎
FEATURE 05

多くの出会いを生む校舎

授業間に専用教室を移動することにより、生徒の行動範囲が広くなり、多様な個性を持った生徒同士が、クラス、学年を超えて交流を持つことができます。