TOP

理科SCIENCE

EDUCATION中高6年間の目標

1. 実験・観察を重視し、自然に対する深い理解と関心を育てる。
2. 科学的な見方、考え方を育成し、自然と関わる態度を育成する。
3. 人間及び社会に対し、科学の責任を考えさせる。

授業内容

授業内容

1年生

実験・観察をするときの心構え・マナー・データーのまとめ方などを、物質の性質・状態変化を通し学ぶ。身近な植物を例に植物の体のつくりとはたらき、植物の種類と生活について学ぶ。また、地震・火山・岩石・地層などを通して、大地が活動していることを学ぶ。

2年生

燃焼・分解などの化学反応を通して、物質が原子から成ることを学ぶ。また、電気回路の基本的な法則を学ぶ。身近な動物を例に動物の体のつくりとはたらき、動物の種類と生活について学ぶ。また、観測や情報をもとに身近な気象現象のしくみや規則性について学ぶ。

3年生

水溶液の反応を化学反応式で表したり、物体の運動やエネルギーの状態を簡単な式で表せることを学ぶ。細胞のつくりやふえ方、生物のふえ方、地球の運動・太陽系の天体について学ぶ。また、人間と自然とのつながりを学び、その問題点について考える。

授業目標

実験・観察を通じて、身のまわりにある自然の事物や現象について関心を高め、理解を深める。
科学的な見方や考え方を養うとともに、自然を大切にする心を育む。
科学技術の発達に正しく対応し、社会に貢献できる人間を養う

画像