string(0) "" TOP

聖書BIBLE CLASS

EDUCATION中高6年間の目標

本学院の教育目標の基となっているキリスト教信仰を、聖書を基本的テキストにして学ぶ。
そしてキリスト教信仰についての正しい理解を通して、教育方針の目指す人間形成を目標にする。
それは聖書の説く「信仰」「希望」「愛」に裏打ちされた人間の生き方である。

授業内容

授業内容

1年生

礼拝、聖書、讃美歌、教会、イエス伝など、キリスト教一般について扱う。

2年生

聖書に用いられている語の原義に注意を払いながら、物語の流れの中で聖書そのものが語りかけてくることを聞き取るように学びを進める。

3年生

聖書学習として、イエス伝を十字架と復活を中心に扱い、学年末には「イエスの十字架と復活 ―そして、私はどう生きるか ― 」と題して卒業論文を完成する。

授業目標

聖書科は、各学年とも、聖書を主教材とし、キリスト教学校教育同盟編集の『キリスト教入門』、『旧約聖書の教え』、『新約聖書の教え』を副教材として使用している。
授業時間を三分割し、最初の10分を表現の時間(1学期は個人スピーチ、2・3学期はグループ発表)、次の25分を聖書学習、最後の10分をテーマ学習に充てる。
聖書学習の時間では、聖書を読み、聖書そのものが語りかけてくることを聴くように努めている。
テーマ学習では、現代社会の問題を直視し、自分はそれをどう捉えるか考え、聖書はどう答えているかを模索する。

画像