string(0) "" TOP
03Jul
2015新校舎建築

鍬入れ式(6/30) 報告

Topics鍬入れ式(6/30) 報告

6月30日(火)本校舎前(旧アーバンコート)に準備された会場にて鍬入れ式が挙行されました。
式はシュー土戸ポール学院宗教部長の司式のもと、礼拝形式で行われました。
青山学院からは安藤理事長をはじめ、梅津院長、敷島中等部部長、櫻井後援会会長、松元緑窓会会長、学友会会長、設計・施行業者からは近藤道男設計室近藤先生、押味鹿島建設社長の順で工事の安全を祈り、鍬を入れました。

ほとんどの機能が集約される本館が完成するのが、2017年2月、念願の礼拝堂は2018年11月に完成します。2019年9月テニスコートの整備をもって工事はすべて終了する予定ですが、工事の進捗状況等、新校舎建築に関するHPを9月に開設する予定ですので、ご期待ください。