string(0) "" TOP
27May
2021クラブ・同好会

ラグビー部活動報告

ラグビー部は、東京都春季大会決勝トーナメントで敗れ、「関東大会出場」という目標には届きませんでした。
新型コロナウイルス感染症という黒い雲の下、様々な制限を我慢して大会への準備を進めてきました。大会開催を信じて、不安や不満に飲み込まれることなく「許されたラグビー」に取り組んできました。東京都に対し「緊急事態宣言」が発令され一時は大会開催が危ぶまれましたが、会場校の関係者を始め、運営に関わる多くの人の支えで、東京都春季大会でのラグビーが我々に与えられました。
勝利に歓喜する時間があり、敗戦の悔しさを仲間と共に乗り越える時間もありました。心折れることなく、罵り合うことなく、仲間を励まし支え合い、相手に敬意をもって戦いました。出場機会を与えられなかった者が、悔しさを堪え仲間を支えました。感動の時間でした。

「兄弟たち、あなたがたにお願いします。
あなたがたの間で労苦し、主に結ばれた者として導き戒めている人々を重じ、
また、そのように働いてくれるのですから、愛をもって心から尊敬しなさい。
互いに平和に過ごしなさい。
兄弟たち、あなたがたに勧めます。怠けている者たちを戒めなさい。
気落ちしている者たちを励ましなさい。弱い者たちを助けなさい。
すべての人に対して忍耐強く接しなさい。
だれも、悪をもって悪に報いることのないように気をつけなさい。
お互いの間でも、すべての人に対しても、いつも善を行うよう努めなさい。
いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。どんなことにも感謝しなさい。
これこそ、キリスト・イエスにおいて、神があなたがたに望んでおられることです。」
テサロニケの信徒への手紙Ⅰ 5章12節~18節

4月25日、試合前の「お祈りの時間」に読んだ聖句です。怪我が無いよう、祈りました。激しく闘い勝利できるよう、祈りました。我々のラグビーを支えてくれる全ての人に感謝とRESPECTの気持ちを持つことができるよう、祈りました。
この経験を糧として、次の目標へ向かって進みます。新たな仲間を加え成長を目指します。
ラグビー部を引き続き応援してください。