string(0) "" TOP
29May
2021生徒の活動

オンライン国際交流プログラム 第一弾 いよいよ本格化!!

海外への渡航制限が長期化していることを受け、
2・3年生を対象としたオンラインによる海外校との交流プログラムを開始することになりました。

こちらの想定よりも多くの反響があり、中等部生たちの海外への関心の高さがうかがえます。

第一弾の交流会を来週に控えた今日、事前学習会として大学側に協力をお願いし、「チャットルーム」を開催しました。

※チャットルームとは?

中等部では、大学に来ている留学生が中等部へ出張し、
昼休みにともにランチをとりながら英会話を楽しむ「チャットルーム」という取り組みをしています。

一つのキャンパス内に児童や生徒、学生、教員など、様々な年代の人が集まっている青山学院の環境は
社会の縮図といえるかもしれません。

今は、コロナ特別対応につき、昼休み時間に生徒は自由な活動ができておりませんが、
将来のモデルケースである大学生・大学院生の姿を見ながら学園生活を送り、
そんな後輩たちを先輩が優しく見守っていく、そんな活動を行っています。

選ばれた中等部生たちは、来週の北京大学附属中学との交流本番にむけて、スピーチ原稿と資料の準備に時間をかけてきました。

今日は、大学生のお兄さん・お姉さんたちに練習の成果を見ていただきましたが、本番にむけてさらに磨きをかけてもらいたいと思います。