TOP

音楽MUSIC

EDUCATION中高6年間の目標

音楽によって表現すること、豊かな響きを聴くことによって、感動する心を育てつつ、音楽への関心を深める。

授業内容

授業内容

1年生

歌、リコーダーで音楽を豊かに表現できるようにする。(教科書、讃美歌他)音楽の基礎として、音符、休符、音符の読み方(日本音名、ドイツ音名)、強弱記号を学び、生徒自ら音楽への扉を開けるようにする。

2年生

歌、リコーダーで音楽を豊かに表現できるようにする。(教科書、讃美歌他)唱歌を積極的に取り上げ、日本の心とその音楽がもつ良さを感じとらせて、次世代へ継承していけるようにする。音楽の基礎としてコードを学び、3年生で取り組むギターへの準備をする。

3年生

歌、リコーダーにギター(2学期に実施)を加え、さらに豊かな表現力を身につける。
音楽の好みがはっきり分かれてくる時期であるが、個々の能力が素直に表現できる環境(ギターの導入等)を作り、さらに良き感性・想像力を育むこと。音楽の基礎として、音楽には長調と短調があることを学び、高等部で学ぶ音楽につながりをもたせる。

授業目標

音楽が動植物にもたらすプラスの作用は、科学的にも実証されるようになった。音楽によって表現することと、豊かな響きを聴くことは、ストレスの多い現代の子供達の心を和ませ、癒すことにつながると考えている。
内容は、
(1)歌唱、器楽による表現。
(2)鑑賞により美しい響きに触れること。
(3)基礎的な理論を知ることにより音楽の仕組みを理解すること。
この三つを柱にして良き感性を育めるように取り組んでいる。

画像